FloorMasterをフォローする

Apple Watch 7 でOS9の低電力モードを体験!

スポンサーリンク
LowModeAppleWatch 雑談

2022年秋の新作発表にてApple Watch 8, Ultra, SE2と共に Watch OS 9のアップデート内容が発表がされました。

正直、新作のWatchには興味がそそられず、OS 9の低電力モードに注視してみました。利用端末はApple Watch 7と型落ちとなるシリーズですが、Apple Watch 8では稼働時間が18時間のところが、低電力モードでは36時間との発表でした。

そこで、現在の相棒 Apple Watch 7 を使って低電力モードを試してみたのでレポートしようと思います。

開始はOS 9のアップデート可能になった。2022/9/13(火)の13:00から

午前中にアップデートでそれなりに時間がかかりました。容量が1.8GBと表示されたので、そんなものでしょうか。

因みにApple Watch使用歴はSEが半年、7が10か月です。

バッテリー容量は98%と新品に割と近いです。

Apple Watchのスクショを載せていくのですが、横軸の時間に制限があるようで、小刻みに掲載します。これが23時間後です。

続いてほぼ25時間後。

楽勝で24時間を突破しました。

29時間突破!

そして、31時間突破!!

まだまだ続けたいのですが、36時間は持ちそうですね。

このまま続けたかったのですが、明日は出張なのでこれにてお開きです!

僕はサラリーマンなので、それなりに活動していました。その証拠に消費カロリーは500オーバーです。

LowModeAppleWatch

結果、「低電力モード」かなり効果絶大です。

設定は、バッテリーボタンをタップして、

低電力モードに変更するだけです。Watch OS 9以前は「省電力モード」となっていた画面です。どうやら省電力モードは廃止となって低電力モードとなったようすです。

「省電力モード」のメリット・デメリットは超バッテリーが長続きする代わりに、時計以外の機能が完全停止となって本当に使えませんでした。

対して「低電力モード」はバッテリー持ちが2倍程度に下がる代わりに、基本機能が全て使えます。

Apple公式サイトにも掲載がありますが、通知機能の遅延や、心拍や、酸素ウェルネスの機能が止まるらしいです。が、私からの追加情報で「画面常時表示機能も止まります」。つまりApple Watch SEレベルにスペックダウンします。

SE経験者としてはあまり気になりませんが、仕事本気モードの時は手首をクルクルして時間確認はご免なので使いません。

そして、最後に、日本人にとって重要なFelica(SUICA)が「低電力モード」では使用できる!!

定期や移動にApple Watchを使う日本人には最大のメリットを発見しました!

とりあえず、OS 9のアップデートはApple Watch7でも恩恵が強いよう8には不都合な真実かもしれません。ちょうど型落ちでAmazonや楽天のセールが始まりましたね。2022年から値上がりもしたことですし、興味がある人は今が買いでしょう。

Apple Watch Series 7(GPSモデル)- 45mmグリーンアルミニウムケースとクローバースポーツバンド – レギュラー
created by Rinker
Apple(アップル)
セール品もあり!

(近いうちにレイアウトをきれいにして見やすく編集したいです。耳より情報だったのでランヒツのままアップしてしまいました。)

雑談
スポンサーリンク
FloorMasterをフォローする
理系のFloorMaster気ままにブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました